風水鑑定で開運なら風水師ウメヤマの風水鑑定、風水師養成講座「立命塾」

風水鑑定要綱

コースB(出張鑑定+鑑定要綱)の場合

出張風水鑑定+風水鑑定要綱コース

出張風水鑑定の結果をもとに、
A4版5ページ前後の文書にまとめます。
心をこめた手書き入力です。
ウメヤマ本人の手作業によるため、
納期まで1週間ほどのお時間をいただいております。

【5ページの内訳】
・風水鑑定図面     各フロア毎に1ページ
 お客様から提供いただいた図面をスキャニングし、
 風水鑑定アドバイス内容を書き込みます。 
・鑑定物件に対する鑑定内容    3~4ページ前後


さらに詳しい説明は、こちらをご覧下さい>>



コースE(鑑定要綱)の場合

風水鑑定要綱コース

お客様から送られてきた鑑定資料(図面、画像他)をもとに、風水師ウメヤマがじっくり熟考し、A4版5ページ前後の文書にまとめます。
心をこめた手書き入力です。ウメヤマ本人の手作業によるため、納期まで10日間ほどのお時間をいただいております。

【5ページの内訳】
・風水鑑定図面     各フロア毎に1ページ
お客様から提供いただいた図面をスキャニングし、風水鑑定アドバイス内容を書き込みます。 
・鑑定物件に対する鑑定内容    3~4ページ前後

さらに詳しい説明は、こちらをご覧下さい>>



お客様の声(風水鑑定要綱作成コース)

S様(42歳主婦、宮城県在住)よりいただいたメールをご紹介いたします

楳山先生、こんにちは。
鑑定をお願いしておりました宮城県のSです。
本日○月○日、鑑定要綱が無事に届きました。
この度は風水鑑定を行っていただきまして誠に有難うございました。

先程まで鑑定内容をじっくりと数回くり返し拝読させていただきましたが、
各所とても親切丁寧に解説が書かれており、鑑定結果すべてに納得を致しました。
我家は玄関に坐星八白がきており、その吉意を用いることができませんが、
そのかわりに門の移動、就寝時の足の向きなど、
大掛かりな改善方法から、すぐに行いやすい改善方法まで、
私達がよく考えて選択できるように複数の方法をご提示いただいた事に深く深く感謝しております。
また、特別に間取りを書き起こしていただいた事、重ねて御礼申し上げます。
本当に有難うございました。

補足)
風水鑑定要綱では、屋外環境である巒頭はもちろん、陽宅三要(※)を中心として、
鑑定アドバイス致します。
鑑定アドバイスは、
① 屋内外のリフォーム
  例)門の移設、池や噴水の設置、玄関向きを振る(基本的に15度以内)、
  部屋の出入り口の移設、ガスコンロの移設またはIHへ変更etc.
② ①で改善できない箇所は、化煞法を提案します。
  例)ベッドの位置と向きの変更、風水風鈴や風水銅鈴やぼんぼん時計の設置(五黄の化煞)、
  暖簾の設置(漏財煞の化煞)、水槽や噴水インテリアの設置(財運アップ)etc.
③ 経済面等の理由で①が難しい場合は、その代案として、化煞風水による化煞法をご提案します。
  例)玄関に龍を置く(生氣を積極的に招く)、六一神水を置く(七赤や五黄の化煞)、
  居間にアメジストドームを置く(坐を安定させ、健康運と人間関係運をアップ)etc.
  の3通りをご提案致しますので、ご安心下さい。

※陽宅三要;陽宅三要「門房灶」と呼ばれ、古来から陽宅風水鑑定の三要素とされている。
門は氣口のことで、玄関と各部屋の出入り口。房は寝室、灶はキッチンコンロのことである。


各種鑑定コース内容の詳細ご確認はこちら >>

このページの上へ

CONTENTS