風水鑑定で開運なら風水師ウメヤマの風水鑑定、風水師養成講座「立命塾」

気場改良成功例4

自宅の「気場改良」後、ご主人のラーメン屋が大繁盛する

島根県にお住まいの小松さん(仮名・50歳・主婦)宅は、築40年の木造平屋の母屋に、
ご主人と義母の三人で住み、離れに長女夫婦と生まれたばかりの
お孫さん三人が住んでいました。

小松さんの長男さんは、21歳のときに事故で亡くなられましたが、
江戸時代に関所で首塚だった丘がすぐそばにあることもあり、
土地にまつわる様々な因縁が要因ではなかったかと、感じられていました。
離れにすんでいる長女の生んだ男の子は、目に入れても痛くないかわいい初孫ですが、
初孫の笑顔を見るたびに亡くなった息子さんを思い出して、
心の奥にいつも土地因縁に対する不安がありました。

そんな不安を知った友人から、立命塾門人の田中壽壽先生を紹介され、
「気場改良」を行うこととなりました。
土地因縁にまつわる土地清めは簡単なことではなく、
さらに200坪ほどある広い敷地は、平面図上でこぼこした複雑な形をしていて、
四隅に埋めるという簡単なものではないことから、
私が田中壽壽先生と共に行うこととなりました。

訪問してお会いした小松さんは、物静かで清楚な方でしたが、
きっと多くの涙を流されてきたであろうに、ひとりで忍耐されて
超えてこられた苦労を直感し、私も身を引き締めて取り掛からねばと決意させられました。

なにせ、右図のような複雑な地形の敷地のため、各コーナーに計15箇所の穴を掘り、炭、粗塩、水晶玉を埋める大工事となりますので、総勢8名で伺いました。

おまけに門周りをはじめ数箇所はコンクリートが貼られていたため手間取り、朝9時からはじめて、すべての工程を完了したのは午後2時、真夏の炎天下で5時間に及ぶ大工事でした。



完了後、小松さん宅で小松さんとご長女親子と共に、お昼をごちそうになりましたが、
お二人とも「空気がちがうみたい。すっきりして気持ちが良い。」
とおっしゃってくださいました。
真夏の炎天下で大汗をかいた私たちでしたが、
シャワーを浴びたような快感をもって、小松さん宅を後にしました。

その後田中鑑定士からうれしい知らせが届きました。

「気場改良」後、ご主人が経営しているラーメン屋さんが、
マスコミの取材を受けるほど大繁盛し、また、今までぐずって
なかなか寝付かないお孫さんも、すやすやとよく休むようになったとのことで、
小松さんもとても喜ばれていたという知らせでした。
風水師冥利に尽きる喜びを味合わせていただきました。

解説 土地因縁に関して
土地因縁というと、八つ墓村をはじめとした横溝正史シリーズのような、
おどろおどろしたイメージをいだく方が多いと思いますが、
土地には長い歴史の中、生きては死んでいった幾多の人々の残留波動があり、
中には良い波動もあれば、負の波動もあるわけです。
負の波動が大きければ、少なからずその土地に生活する住人に
影響を与えるのは、しごく当然と考えられます。

風水埋炭.com


各種鑑定コース内容の詳細ご確認はこちら >>

このページの上へ

CONTENTS