風水鑑定で開運なら風水師ウメヤマの風水鑑定、風水師養成講座「立命塾」

水晶メンテナンス

水晶はお手入れが必要です。

空前の風水ブームと重なり、開運のために水晶を身につけたり、
部屋に置く人が多いが、中には「効果がない」「開運しない」という声も聞く。
その大きな原因のひとつとして、ただ水晶を持っているだけ、
置いているだけで、メンテナンスがされていないケースがあげられる。

水晶は気を発するが、逆に吸収もする。
だから、しばらく身につけたり、置いておくと、回りの邪気を吸収するので、
購入直後や人から譲り受けた直後にまず、
そして1、2カ月に1回は 1浄化 2啓動 3注念
三段階のメンテナンスを、ぜひお勧めする


1.浄化(吸収してしまった様々な邪気によるマイナスエネルギーを除去する)

代表的な浄化法を、いくつかご紹介します。

◆ 山奥にある滝に、1時間ほど打たせる。

◆ 粗塩の中に一日埋めて、3~5分流水にさらし、自然乾燥させる。

◆ 蛇口の下に水晶を入れたボールを置き、水を3~5分流す。
  その後自然乾燥させ、朝日に2、3時間当てる
 (ごくまれに、レンズ効果で火災が発生する場合も考えられるので、
 紙などの燃えやすい物の上に置かないのはもちろん、ときどき確認すること)。

◆ 白壇のお香の煙で薫浄する

2.啓動(浄化した水晶に、自分の波動を転写する)

◆ よく洗った両手で水晶を1~2分かかえる。
  そのとき、ゆるやかに呼吸して心身をリラックスさせておく。

◆ 屋内に置く水晶は、一家だんらんの家族の写真の上か、前に、5分ほど置く

3.注念(自分や家族の波動を転写された水晶に、願いをかける)

◆ 自分の身につけるか自分の部屋に置く場合は、両手に持ったまま、
  1、2分水晶に向かい、願いをかける。

◆ 玄関や居間など、家族全員が利用する場所に置く場合は、
  一家団欒の家族全員の写真の上か前に水晶を置き、1~2分願いをかける
 (家族を代表して、ひとりが願いをかけてもいいが、
 家族全員が揃って願いをかけるのが、もちろんベストである)


各種鑑定コース内容の詳細ご確認はこちら >>

このページの上へ

CONTENTS