風水鑑定で開運なら風水師ウメヤマの風水鑑定、風水師養成講座「立命塾」

風水鑑定における方位基準

Q:H様(埼玉県在住)のご質問メール

お世話になります。何度もすみません。
○○風水のメールに風水とは地磁気の流れを見て、気を動かして運を呼び寄せる物
と言う事が書かれていました。
だから風水が必要とするのは地図上の東西南北ではなく、
地磁気の流れで判断と言う事が書かれていて、なるほどと思いました。
もちろんそこに住む人の生まれた日等もありますが、
家だけで判断するなら、私は正しいと思います。
だとすると出張風水でその都度方位をだし、判断がいいと言うことです。
失礼だと思いますが、先生はどの様にお考えでしょうか?
よろしくお願いします。


A:楳山天心の回答

H様、
こんばんは。
昼間にお電話いただきまして、ありがとうございました。

下記のご意見に対する回答です。
さて、私は○○風水は読者になっておらず、発行元の○○○も
どういう機関かわかりませんので、特定した批評はできかねますが、
「風水とは地磁気の流れを見て、気を動かして運を呼び寄せる」という
センテンスに関しては、かなり抽象的な描写ですが、異論はありません。

本来風水は、地理風水と称されていたように、
大地の気を最大限に利用させていただくことにより、
心身によい影響をもたらし、子々孫々の繁栄につなげていくための技法でした。
ですから、このセンテンス内容に関しては、問題ないでしょう。

現代では、大地の気がよい場所を特定して居住することは、基本的に難しい時代です。
そこで現代風水は、周りの環境と建物、建物の完成年月と向きから
決定する理気(時間と共に変化する気)を最大限に利用し、
邪気に対しては化煞する技法へと進化しました。
現代風水が進化したといっても、やはり大地の気が開運のエキスに違いはありません。
その大地の気の流れは、龍脈と呼ばれていますが、大地の気の流れは地電流が
鍵を握っていることは間違いないと思っていますので、
やはり真北でなく、磁北を基準にするべきでしょう。

その他のQ&Aはこちら



各種鑑定コース内容の詳細ご確認はこちら >>

このページの上へ

CONTENTS