風水鑑定で開運なら風水師ウメヤマの風水鑑定、風水師養成講座「立命塾」

ベッド(布団)の位置

Q:『ベッド(布団)の位置』についてのご質問メール

先生、先日は出張鑑定においでいただき、ありがとうございました。
先生がご指導下さったとおりに、リフォームや配置換えを勧めています。
早速、娘の部屋のベッドを、横の壁にしっかりと付けたところ、それまでイライラ
しがちだった娘が落ち着きました。
それには夫婦ともに大変びっくりしました。
この効果の理由を教えていただけますか?
(東京都在住のN様より)

A:楳山天心の回答

Nさん、うれしい報告ありがとうございました。
個人差はありますが、誰しも就寝時は一日7時間以上、ベッド(布団)面という限られた
位置にいることになります。
地の氣は床と壁を伝わって、ベッドや布団を介し、人へと伝導されます。
地の氣は人の健康や和合(夫婦関係、親子関係、人間関係)に影響を与えるとされて
おり、娘さんの場合、以前の位置ではベッドの坐星(※1)が7(七赤)でした。
7は第8運期である現在、衰氣となっていて、凶作用を及ぼしやすいエネルギーです。
取り分け娘さんの命卦(※2)は兌卦、九星ですと7のため、7の凶作用の影響をとても
受けやすいのです。
ベッドを横の壁にぴったりとくっつけることにより、今度はベッドの坐星に吉星である
1(一白)がきて、精神安定の効果があったと考えられます。
わずか30cmほどベッドを横にずらしただけではありますが、それほど氣というのは
繊細な存在であり、また人は氣の影響をまちがいなく受けるということですね。
今回Nさんの娘さんを通して、逆にベッドの位置の重要性、そして地の氣が人に与える
影響力の大きさを実感させていただき、ありがとうございました。
娘さんが志望どおり、難関の○○大学に合格されるよう祈願します。

※1 坐星・・・玄空飛星派の風水で使用する用語で、宅運盤(玄空飛星派風水とは
         参照)の各宮(方位)における左肩に位置する九星で、地の氣の吉凶旺衰
         を表し、健康と和合(夫婦関係、親子関係、人間関係)に影響を与えると
         される。
※2 命卦・・・一般的には『本命卦』と言われる。
         生年月日により決定するが、談氏三元玄空地理では、八宅派で用いる
         八遊星(生氣、天医、延年、伏位、禍害、六殺、五鬼、絶命)は用いず、
         宅運盤の坐星、向星と同じ命卦の人は、吉凶の影響力が大きいと
         判断する。

その他のQ&Aはこちら



各種鑑定コース内容の詳細ご確認はこちら >>

このページの上へ

CONTENTS