風水鑑定で開運なら風水師ウメヤマの風水鑑定、風水師養成講座「立命塾」

術を使って願望が成就した場合の対処法 (劫煞をたたく等の術)

Q:関東在住のF様からのうれしい報告と質問

おはようございます。
私には来年入園予定の娘がおり、近くの幼稚園に入園させたいと思っていましたが、車の送迎場所迄かなり遠く、どうしようかと悩んでいました。叩いた(※)あくる日12日の事です。
近くの公園に遊びに行くと、公園サークルの会員の人から、幼稚園の情報を得ることができました。引越しする人がいて、欠員があるから幼稚園に問合せしてみたら!と助言をいただき電話しました。
「○○さんが引越しするので欠員があると思いますが幼稚園に入園できますか?」と聞いたら、プレスクール入園したら優先権があると言われ欠員の補充でバスコースの変更もないし、その人と入れ替えでよいでしようと言われました。直ぐに手続きにサークルの仲間が同行し、手続きにいつたら、退会する人と鉢合わせになり、「自分は1年間待って入園できたのに、貴方は凄くラッキーなのよ!」と言われました。
園送迎バスも玄関まで来てくれるそうです。
以下、ラッキーだった要点です(o^-^o)
①公園に1度行っただけでサークルに声かけられました。
②プレスクールはすでに4月から始まっており、半年も経ったのに特別に入園できました。
③園送迎バスのルートにはずれた家庭は、歩行通園となるのに、運よく玄関前まで送迎いただけるようになりました。
④隣の町にまで人気がある、ムクの木で建築されている幼稚園で、順番待ちでなかなか入園できないのに、公園サークルの縁をいただき、本当に運よく入園できました。
本当に偶然が重なって感謝しています。
こんな幸運でいいのか、かえって不安を感じるくらいですが、先生のご意見を聞かせて下さい。

A:楳山天心の回答

F様、
詳細なるうれしい証しをありがとうございました。
今回の劫煞方位をたたくという劫煞方位打劫法はあくまで術です。
打劫の劫は奪うという意味で、今回の方法に限らず、術は自然の摂理を曲げて運をいただくという、ある意味強引な方法です。
術を使用した者の心得としては、術後、よくよく感謝の心を忘れず、また神仏を大切にすることはもちろん、お友達やご近所のために、できることを行ったり、得た財があれば寄付するなどの徳積みを行うことが重要です。
そうしていれば、障りはありませんのでご安心下さい。

楳山天心拝

※劫煞方位をたたく術
 劫煞方位とは、一年ごとに移動する三煞のひとつの方位。劫とは奪うと言う意味で、家屋や部屋の中心から劫煞方位の壁をたたくことにより、財運をはじめとした幸運をいただくという術のひとつである。
今年(2010年)の劫煞方位は亥方位。
なおこの劫煞方位は、やたらめったらたたけば劫の吉作用があるわけではない。例えれば「毒」のひとつで、「毒」も使い用によっては「薬」になるということ。使い用とは、吉三煞、玄空大卦擇日による吉日時の刻に行わねばならないということで、三煞の最も強い時期(今年なら12月)や天戦地冲などの凶時に行えば、劫は我に向かい、猛毒となって大凶事が襲うので、一般的にはお勧めできない。
 なお2011年にこの術を行える吉日時を、年末12/26に(社)国際・風水協会主催の特別セミナー『2011年強運をつかむ風水』で公開する。詳細は(社)国際・風水協会HP参照のこと。

その他のQ&Aはこちら



各種鑑定コース内容の詳細ご確認はこちら >>

このページの上へ

CONTENTS