風水鑑定で開運なら風水師ウメヤマの風水鑑定、風水師養成講座「立命塾」

出張風水鑑定の結果、改善したほうが良いところがあった場合の具体的アドバイスの内容は?

A:楳山天心の回答

既存建物で風水リフォームが可能な場合、陽宅三要(※)を基本として、下記の風水リフォームをご提案する場合があります。
なおどの方法になるかは、ケースバイケースで異なります。ひとつだけで対応する場合もあれば、いくつか重複する場合もありますが、先ずは当塾門人の一級建築士が御見積りをさせていただいております。

一、風水リフォーム
①坐向変換工事…具体的には玄関の向きを振って坐向を変える工事。
②氣口移設工事…玄関、通用口、勝手口などの氣口の位置を変える工事。
③改換天心工事…三元九運を変える工事。ex.第7運⇒第8運
④炉位移設・炉向変換工事…調理コンロや暖炉の位置、向きを変える工事。前者であれば、具体的にはシステムキッチン全体をアイランド型や半島型に変えて対応することが多い。
⑤八宮変換工事…各部屋の坐星と向星を変える工事。具体的には間仕切りをしたり、間仕切りを取ったりして、部屋に及ぶ坐星と向星を変える。
その他

上記の工事のほか、

二、調度品の移動
一般家庭であれば、ベッドの位置や向きの調整、机の位置と向きの調整etc.
事業所・店舗であれば、受付の位置と向きの調整、レジの位置と向きの調整、社長室の移動、机の位置と向きの調整etc.
のアドバイスを致します。

その他、必要あれば、風水アイテムもご紹介します。

経済的事情などの諸事情がありリフォームが困難な場合以外でも、分譲でも集合住宅の場合や、一戸建てでも賃貸物件の場合は、大規模なリフォームができないため、上記二、調度品の移動のほか、風水アイテムで対応することとなります。

風水アイテムには、化煞アイテムと化解アイテムがあります。
悪いところはなるべく軽減するのが化煞アイテムで、良いところを高めるために使用するのが化解アイテムを使用する場合があります。
氣場改良アイテム以外の主なアイテムは、
化解アイテム…水槽や噴水インテリア(財運アップ)、龍アイテム(招貴人、財運アップ)、アメジストドームなど水晶類etc.
化煞アイテム…一六神水(安忍水)、風水風鈴、牛鈴、八卦鏡、獅子、麒麟etc.

ただし化煞アイテムの場合、マイナスをプラスにすることは難しいです。
マイナス10であったものをマイナス3にするというような、凶作用を軽減する対策が化煞(かさつ)です。
悪いところは化煞してなるべく軽減し、良いところを強化する化解(かかい)をなして、風水環境上の総合点をアップするようにしております。

※陽宅三要…陽宅三要「門」「房」「灶」と云われ、陽宅風水上、重要な三要素のこと。門は今日では玄関や通用口、集合住宅のバルコニー口などで、房は寝室はじめ各部屋、灶は調理コンロなど火を生じる器具を指す。
 




各種鑑定コース内容の詳細ご確認はこちら >>

このページの上へ

CONTENTS