四柱推命学・算命学

日本の至宝、大谷翔平選手は来年(2022年)結婚する!!

日本の至宝、大谷翔平選手は来年(2022年)結婚する‼

 早いもので6月になってしまいました。コロナウィルス感染症も日本で最初に発症が確認されてから、早一年半を経てしまいましたが、次々に変異種も発生し、まだまだ収束の気配すら感じない状況ですね。まだ感染者が出始めたばかりの昨年1月、WHOの元上級顧問の渋谷氏が、収束するまでに1年8か月はかかるとおっしゃっていましたが、その時はそんなにかからないだろうとウメサンは軽視していました。しかし現実はその通り、いやそれ以上にかかりそうな状況ですね。
まもなく関東も梅雨入りとなりそうで、外出するのが億劫になる時節ですが、昨年からのコロナ禍で外出自粛に慣れており、しとしと降る梅雨の雨音や、夜ともなると近隣の田んぼの中から聞こえるカエルの鳴き声を聞きながら、拙宅の庭で開花したハーブをティーにして、デスクワークに勤しもうと思います。

拙宅の庭で開花したハーブ

さて、前回の投稿から、一か月以上もご無沙汰してしまいましたが、掲題について久しぶりに投稿させていただきます。
今や日本のみならず、世界中で注目され、スーパースターの域に入りつつある大谷翔平選手ですが、大胆にも来年の2022年に結婚する!と占わせていただきました。

大谷翔平選手画像(Wikipediaより)

(Wikipediaより転載)
先ずは結論から先に述べましたが、その根拠を四柱推命にて説明させていただきます。
大谷選手は1994年7月5日生まれ(生時は不明)で、命式の原局は次の通りです。

大谷翔平選手命式

命式の特徴
格=「財殺格」
=水、金
守護神=庚辛
)=午未 ⇒生月天中殺
その他 墓庫冲開

大谷選手の月支元命は正財で、偏官を隣接するため、財と偏官の別称である殺をとって「財殺格」となります。偏官は七殺とも呼ばれ、我を剋する凶星とされることが多いですが、我である生日干が旺じている命なら武神と化し、これほど頼りになる星はありません。
大谷選手の場合、生月干が庚金で守護神です。そして生日干の壬水を生じて強め、偏官の蔵干である戊土を、土生金生水と、土と水の仲介となる通関神となり、偏官の武神としての吉意を引出してくれています。
さらに生日干支は壬辰で魁罡(かいごう、度を超えた強さを持つ)です。そしてこの生日支「辰」は生年支「戌」と冲となり、各々の十二運は戌が「冠帯」、辰が「墓」で、「墓庫冲開」となっています。辰に蔵(かく)れた通変星の「」が開かれて燦然と輝き、さらに元命の正財から生じられて、益々強められています。
元命が正財らしく顔立ちは誠実で真面目さが現れたイケメンですが、本性は武神、闘神そのものなのです。守護神かつ通関神「庚」の通変星は「偏印」で、その象意の吉意として、個性的な技芸がありますが、武神の本性と相俟って、投手としては160㎞の剛速球を投じ、打者としては本塁打を量産し、塁に出れば盗塁もする、そして時には外野手として守備にもつくという、万能ぶりを発揮し、米国や日本だけでなく、世界中で注目されるスーパーヒーローになっています。

次に大運(十年運)を見てみましょう。

大谷翔平選手大運

現在大谷選手は26歳で、21歳~30歳までの十年運にありますが、大運干支は癸酉で、生日支「辰」と、酉辰の支合を形成し、益々辰に蔵れた「偏官」が強められています。調候用神でもある西方金運に入っており、さらに21歳からの20年間は大運天中殺期間です。大運天中殺期間は想定外に開運する人と、逆に想定外に衰運する人に分かれますが、その鍵は、入る前の5年間の過ごし方にあります。
この5年間、苦労を買ってでも努力した人は、大運天中殺に入ってからどんどんと運気は良くなり、逆に楽してしまった人は、どんどん運気が下がってしまいます。
大谷選手の5年間は16歳~20歳までですが、高校時代、そしてプロ野球日本ハム時代、人一倍の努力を重ねてきたに違いありません。よって21歳からの20年間は益々、大きく花開く期間となるでしょう。
さて、前置きが長くなってしまいましたが、掲題の件、すなわち大谷選手の結婚について、占いたいと思います。大胆にも、来年結婚する!と断言してしまいましたが、その根拠を説明させていただきます。
月支元命は「正財」ですが、正財は文字通り財、特に定期的な収入や不動産を意味するほか、男性にとっては女性、特に配偶者を意味します。しかしこの正財は生月支の午に蔵れた通変星で、午は空亡(天中殺)となっています。幸い生年支の戌と半会となっているため、空亡はかなり解除されていますが、正財の象意は表れずらい憂いがあります。さらに偏官に左右より挟まれた「財殺格」を形成し、財(金銭や結婚)よりも殺(偏官)を取る特徴があります。確かに金銭にこだわらず、今のところ全く女性の影すら見えず、純粋に野球道に徹しておられますね。
そうした大谷選手ですが来年は、大谷選手の人生にとって、大変大きな転機を迎えます。
来年2022年は壬寅年ですが、年支「寅」と生年支「午」と生年支「戌」が、三合火局を形成し、「午」を強めます。三合は算命学では異次元融合を意味し、次元が大きく変化する年なのです。
生月支は現在の場を意味しますが、現状の次元が大きく変化する年であることを意味します。
この午に蔵れているのが「正財」で、これが異次元融合するということは、財すなわち契約年俸
も大きく跳ね上がるでしょう。そして配偶者と融合する、すなわち結婚すると予測できるのです!
もともとこの正財は空亡していますが、三合で完全に解除となり、それまで女性の影すら見えず、文春砲でさえもキャッチできなかった、世界があっと驚く結婚発表ではないでしょうか。
結婚後も内助の功を得て、調候用神の西方金運期かつ大運天中殺期にある大谷選手は35歳まで、記録にも記憶にも残る大活躍を確信しています。

2021年6月8日烏兎吉日

この記事はお役に立ちましたか?

★をクリックしてください。

平均評価 / 5. 投票数