風水学セミナー 風水アイテム 開運法 易占

2020年強運をつかむ風水Ⅱ(三種の風水アイテム編)

2020年強運をつかむ風水Ⅱ(三種の風水アイテム編)

 明けましておめでとうございます。
旧年中も拙いブログをお読みいただき、ありがとうございました。
今年も宜しくお願い致しますm(__)m
さて、2020年最初の記事は、前回に引き続き、昨年末に催行した恒例の「強運をつかむ風水セミナー」の内容を、セミナーで使用したレジュメのコマを掲載しながら、簡潔に説明させていただきます。

毎年、その年運に因んだ伝統的な風水アイテムを三種ご紹介しております。天皇家に伝わる三種の神器ならぬ❝三種の風水アイテム❞です(^^♪

2020 9P

先ずは「睚眦(ヤアズ)」から

2020 10P
2020 11P

中国は、氣の文化とか龍文化とか言われています。天地の氣を形態化したのが龍ですが、龍からあらゆる生き物が生まれたとされています。そして九生龍子と言い、龍は九頭の子を産んだとされています。このうち七番目の子が睚眦(ヤアズ)です。
氣を二つに分類すると陰陽、三つなら天地人、五つなら五行、八つなら八卦、そして九つなら九星となりますが、九星は九生龍子に各々当り、七番目の子ヤアズは七赤(金星)に相当します。
七赤中宮となる2020年、七赤の化身であるヤアズは、まさに最強の神獣なのです!
風水の神獣には、各々伝統的な飼い方があり、ヤアズは次のとおり。

2020 12P

次に「七星昇り飛龍」です。

2020 13P

銅製の筒の表面には、運気を高める飛龍が象られ、蓋の上部は、七赤の年の最強数かつ最強陣形の七星陣形に水晶玉を設置でき、くじ券や馬券などの当選確率を高めてくれます。
使用法は次のとおり。

2020 14P

三種の最後は「大衛星ペンダントトップ」です。

2020 15P

大衛星は、逆三角形と正三角形を合わせた形で、陰陽交合のパワーを持ちます。
64ある易卦の中で、最も安泰なる卦とされる地天泰をアイテム化したものと言えるのです。
先にご紹介した七星陣形も同じ原理で最強陣形なのです。天然水晶製ですが、水晶の持つ浄化力、願望成就力を格段にアップさせてくれるとされています。

2020 16P

今年のラッキーカラー、ラッキーナンバー、、要注意方位は上記のとおりです。

なお、ご紹介した風水アイテムは、風水改運中心HP内の2020年強運をつかむ風水から、お求めいただけます。

次回は強運をつかむ風水Ⅲ(風水対策編)として、方災(、二黒、歳破、三煞)、運気別(、健康運ほか)の風水対策について、投稿させていただきます。

この記事はお役に立ちましたか?

★をクリックしてください。

平均評価 / 5. 投票数